「ストレス混合肌」シルクリエ肌診断

あなたのタイプは「ストレス敏感肌」
疲労などによる影響で 肌の皮脂バランスが乱れている

✨やさしく丁寧なスキンケアで、肌をいたわることも忘れないで。✨

・脈拍や体温、臓器の働きを高める

・休息や休養、睡眠を意識して

・コスメアイテムを使う時はリラックスして深呼吸

ストレスと肌の関係

自律神経には活動している時、緊張している時、ストレスがあるときなどに働く「交感神経」と、休息している時、睡眠している時、リラックスのときなどに働く「副交感神経」の2つがあります。
何かストレスを受けると、私たちの身体はその事態に対処しようと交感神経を優位に切り替えます。それに伴って血管の収縮や覚醒反応が起こり、さらにその状態が続くと免疫機能の低下なども起こります。肌の生まれ変わり(ターンオーバー)も不調になり、すこやかな肌が保ちにくくなってしまうのです。

女性の場合はストレスによって男性ホルモンの分泌が増え、皮脂量が増加。ベタつきを感じやすくなり、ニキビができやすくなることもあります。


交感神経が優位な状態が続くと

血管が収縮し・・・・

  • 体に栄養・酸素・体温が全身に行き渡らない。

 

  • 疲労物質や老廃物(ターンオーバー)が排出されにくくなる。

 

  • 疲労が抜けず、疲れや不調を抱える。

 

  • 身体の不調自体がストレスとなり、さらに交感神経が優位になる。

 

  • 食欲のコントロール崩れ暴飲暴食になりやすくなる。

 

肌あれが進むと、肌表面のうるおいバリア機能も低下。ちりやほこり、紫外線など外部からの刺激に弱い状態になってしまいます。朝晩のやさしい洗顔と保湿ケアでうるおいバリア機能をサポートしながら、肌をいたわってあげましょう。


スキンケアアドバイス

 

  • 「ベタつくから」とクリームを省くと、せっかく補った角質層の水分まで逃げやすくなるので気を付けましょう。

 

  • ニキビや吹き出物が気になる場合は、シルク美容化粧水でローションパックでしっかり鎮静&栄養がお勧めです。

 

  • お手入れ際は深呼吸しながら1つ1つのアイテムをゆっくりと塗布してお肌をリラックスに導きましょう♪

 


PAGE TOP