シルクのこだわり

古来から珍重されている絹の中でも
私たちASK LABOは 安心・安全にこだわった「国産繭」を使用しております。

シルク研究

現在シルクは繊維の分野だけでなく、その数多くの優れた性質が注目されています。
その性質を生かして人の体をケアする、という利用法が期待されているため、
人体の体に直接関わる医療・化粧品の分野で近年非常に注目を浴びている素材の一つです。
これはシルクが人体と同じアミノ酸組成を持つ点で、人の体に悪影響を及ぼしにくい、なじみやすい素材だから。
シルクの応用はますます重要な分野に広がってい行くとされています。

シルク生糸断面図

シルクは25%のセリシンと75%のフィブロインという
2つのたんぱく質でできています。
繭の状態ではセリシンがフィブロインの周りに
紫外線などから身を守る他、接着剤の代わりになり、
卵型の繭を作っています。
セリシンを取り除くことでフィブロインが
シルクとして生まれ変わるのです。
シルクフィブロインはたんぱく質でできており、
そのたんぱく質は数多くのアミノ酸が結合したものです。

その用途は手術用縫合糸として使用される等、
人のアミノ酸組成に酷似しているため人の細胞と
非常に相性が良い(生体親和性)だけではなく、免疫
反応や炎症性も非常に低いためです。
また、シルクフィブロインのアミノ酸に含まれる
疎水性のアラニン残基と親水性のセリン残基からなる性質は
自然界の界面活性機能が認められています。
この様にシルクフィブロインは、化学合成物にはない安全性や
環境適合性などの優れた特徴を持っているのです。

「人への効果が期待できる」シルクフィブロインは
人と同じアミノ酸20種類中、18種類も含まれているのです。

グリシン

他のアミノ酸の合成促進/水分保持機能

アラニン

結合組織の主原料・エネルギーになる

セリン

細胞のエネルギー合成に重要

チロシン

気分を高揚させる/神経伝達物質の前駆体

※バリン

筋肉の代謝とエネルギーを高める/頭脳に働く

アスパラギン酸

炭水化物を筋肉エネルギーに変換する

グルタミン酸

r-アミノ酪酸の前駆体・抗体をつくる

スレオニン

コラーゲン・エラスチンの形成に必要

※イソロイシン

血管の拡張/血糖値の安定化

※フェニルアラニン

神経伝達物質の合成に関与/気分を高める

※ロイシン

皮膚・骨・筋肉組織の修復を助ける

アルギニン

コラーゲンの主成分/ケガの回復に関与

※リジン

コラーゲン形成と組織の回復を助ける

プロリン

シワ・タルミの改善/コラーゲン合成を活発化

ヒスチジン

成長と組織の修復に必要/放射線の害から守る

シスチン

メラニンの過剰生成を抑制/シミを防ぐ

※トリプトファン

精神を安定させる/セロトニンを生成

※メチオニン

強力な抗酸化作用で老化を防ぐ

※印は必須アミノ酸

商品ページはこちらから
↓↓↓↓↓

PAGE TOP